小さな 園芸館
 小さな園芸館 > 植物 > アブラナ〔油菜〕
アブラナ 〔油菜〕
アブラナ〔油菜〕の花(写真) アブラナ〔油菜〕の花(写真) アブラナ〔油菜〕の花(写真)
小さな園芸館
  花の写真一覧
  植物の索引一覧
  園芸用語
  剪定の基本
アブラナ〔油菜〕とは ナノハナ〔菜の花〕とは 黄色い色の花 春に咲く花 小さな園芸館
 アブラナ〔油菜〕とは
 アブラナとは、アブラナ科アブラナ属の植物のことで、古くから食用野菜や油を採取するために世界中で栽培されている。
アブラナには多くの品種があるが、一般的には広く栽培され有用活用される「セイヨウアブラナ」〔西洋油菜〕のことを指すことが多い。
他のアブラナ科の植物にはキャベツやブロッコリーなどがある。
 アブラナ科の植物は頑強な性質を持ち、各地に自生するために雑草とみなされることもあるほど染み深い草花でもあるが、作物として利用されてもいる。
一般家庭で観賞用に栽培されることはほとんどないが、河川敷や空き地などに植えられることもあり、群生して開花する様はとても見事。
 日本では古くから田畑の裏作として栽培され、油採取されていた。
昭和30年代末頃から安価な外国産のナタネが大量輸入されるようになり、国内生産が衰退していった。
名 前  アブラナ〔油菜〕
別 名  ナノハナ〔菜の花〕、 ハナナ〔花菜〕、 
 ナバナ〔菜花〕、  ナタネ〔菜種〕
類 別  アブラナ科 [Brassicaceae]
 アブラナ属 [Brassica]
学 名  Brassica campestris
性 質  一年草、 二年草 / 強健
原産地  欧州
用 途  鉢植え、 花壇、 地植え、 畑
開花期  4月
花言葉  「活発」 「快活」 「豊かな力」
日本の気候では、一年草が多い。
一部の品種に中央アジア原産のものもある。
 アブラナ〔油菜〕の特徴
花の特徴
アブラナは、鮮やかな明るい黄色をした十字型をした花を、花茎の先端にまとまって咲かせる。
太陽に向かって向きが変わる性質がある。
時間がたつと、茎が間延びする。
果実の特徴
アブラナの果実は細長く、中に黒くて丸い種子が一列に並んでいる。
種子には油が豊富に含まれており、油をしぼって使用される。
食用油、機械油、灯油など。
38~45%の油を含み、これを圧搾や抽出法で採取する。
油を絞ったかすが「油かす」で、飼料や園芸用肥料として使用される。
油の採取には、セイヨウアブラナ〔西洋油菜〕の品種がよく使用される。
草丈は60~80cmほどで、葉には強い縮みがある。
ナノハナ〔菜の花〕
 ナノハナとは、春に黄色い花を咲かせるアブラナ科の花の総称で、一般的にはアブラナのことをナノハナと呼ぶ傾向がある。
ナノハナという特別な植物があるわけではない。
花茎の先端に十字型の黄色い花がまとまって咲くタイプ植物を古くから一般的に「ナノハナ」と呼んでいる。
(アブラナ科の花の特徴)
ナノハナ〔菜の花〕とは
アブラナ〔油菜〕の花(写真) アブラナ〔油菜〕の花(写真)
 アブラナ〔油菜〕の栽培
アブラナは一般的に、日当たりと水はけのよい、やや乾燥気味の場所を好むが、こぼれ種により繁殖・増殖し、やがて群生するようになるという、とても丈夫な植物でもある。
道端や野原などにもよく自生している。
植え付け適期は9~10月(寒地は、9月頃)で、じかまきで、30cm間隔に10粒ほど種をまいていく。
葉が出てきたら、適宜4~5本に間引いていく。
元肥の他に化成肥料を与えると、さらによく育つ。
栽培はやさしい方であるが、虫がつきやすいのが難点。
小さな園芸館
 花の写真一覧
 植物の索引一覧
 剪定の基本
 水やりの基本
 用土の基本
 肥料の基本
 園芸用語 
 
 季節の花
 春に咲く花
 初夏に咲く花
 夏に咲く花
 秋に咲く花
 冬に咲く花
 
 年間の花こよみ
 1月に咲く花
 2月に咲く花
 3月に咲く花
 4月に咲く花
 5月に咲く花
 6月に咲く花
 7月に咲く花
 8月に咲く花
 9月に咲く花
 10月に咲く花
 11月に咲く花
 12月に咲く花
 
 花の色
 白い色の花
 赤い色の花
 青い色の花
 黄色い色の花
 紫色の花
 ピンク色の花
 オレンジ色の花
 
 年間の園芸作業
 1月の園芸作業
 2月の園芸作業
 3月の園芸作業
 4月の園芸作業
 5月の園芸作業
 6月の園芸作業
 7月の園芸作業
 8月の園芸作業
 9月の園芸作業
 10月の園芸作業
 11月の園芸作業
 12月の園芸作業
 
HOMEページ「小さな園芸館」
アブラナ〔油菜〕とは ナノハナ〔菜の花〕とは 黄色い色の花 春に咲く花 小さな園芸館
 当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断使用はご遠慮ください。
(c) 2006 A Pretty Garden ALL Rights Reserved.