小さな 園芸館 
 小さな園芸館 > 植物 > アネモネ〔Anemone〕 > アネモネ〔Anemone〕の特徴
アネモネ 〔Anemone〕
  写真「アネモネ〔Anemone〕の花」
小さな園芸館
  花の写真一覧
  植物の索引一覧
  園芸用語
  剪定の基本
アネモネの特徴 アネモネのサイ栽培管理 早春に咲く花 春に咲く花 初夏に咲く花
  アネモネとは
アネモネとは、キンポウゲ科の球根植物で、花壇、鉢植えや切花用に栽植される定番の花の一つ。
 古くから多くの園芸品種が作られているために、様々なバリエーションがあるが、一般的なアネモネは花茎の先端にケシによく似た5cmほどの花を一つ咲かせる。
16世紀末の英国には多くの品種が生まれている。
花色は、白・ピンク・赤・紫・青など、様々ある。
花のタイプは、一重・半八重・八重咲き・菊咲きなどがあるが、花びらのように見えるのは萼(がく)。
菊咲きとは、花びらが深く切れ込んでキクの花のように見える花のタイプ。
名 前  アネモネ 〔Anemone〕
別 名  ボタンイチゲ 〔牡丹一華〕
 ハナイチゲ 〔花一華〕
 ベニバナオキナグサ 〔紅花翁草〕
英 名  Anemone | Poppy anemone
 Wind Flower
類 別  キンポウゲ科 [Ranunculaceae]
 イチリンソウ属 [Anemone]
学 名  Anemone coronaria
性 質  耐寒性 秋植え球根
原産地  地中海沿岸
用 途  庭植え、 コンテナ栽培、 切花
花言葉  「はかない夢」 「はかない恋」「真実」 
 「薄れゆく希望」 「真実」 「期待」 「病気」
開花期  2月 ~ 5月
日本には、1872年に渡来。
原産地である地中海周辺の気候は日本とは逆で、冬に雨が多く、夏は乾燥している。
原産地では雨季の初めに芽を出し、雨季の終わりの春に花を咲かせる植物。
夏には枯れて、休眠する。
アネモネは成長すると高さ20~40cmほどになる。
球根の大きさは親指大で、それほど大きくないのに、そこからいくつもの花茎を伸ばし、それぞれの先端に1つずつ花を咲かせる。
 名前の由来
アネモネ〔Anemone〕  - 和名
ギリシア語で「風」を意味する [anemos] に由来する。
風通しのよい場所を好み、花びらが風でユラユラする花の様子から名づけられたと思われる。
小さな園芸館
 花の写真一覧
 植物の索引一覧
 球根の植物
 剪定の基本
 水やりの基本
 用土の基本
 肥料の基本
 園芸用語 
 
 季節の花
 早春に咲く花
 春に咲く花
 初夏に咲く花
 夏に咲く花
 秋に咲く花
 冬に咲く花
 
 年間の花こよみ
 1月に咲く花
 2月に咲く花
 3月に咲く花
 4月に咲く花
 5月に咲く花
 6月に咲く花
 7月に咲く花
 8月に咲く花
 9月に咲く花
 10月に咲く花
 11月に咲く花
 12月に咲く花
 
 花の色
 白い色の花
 赤い色の花
 青い色の花
 黄色い色の花
 紫色の花
 ピンク色の花
 オレンジ色の花
 
 年間の園芸作業
 1月の園芸作業
 2月の園芸作業
 3月の園芸作業
 4月の園芸作業
 5月の園芸作業
 6月の園芸作業
 7月の園芸作業
 8月の園芸作業
 9月の園芸作業
 10月の園芸作業
 11月の園芸作業
 12月の園芸作業
 剪 定
 剪定の種類
 剪定の時期
 不要枝の剪定
 木の特性
 花木の剪定
 実樹の剪定
 剪定の目的
 
アネモネの特徴 アネモネのサイ栽培管理 早春に咲く花 春に咲く花 初夏に咲く花
 当ホームページ掲載の文字、写真、イラスト等の無断使用はご遠慮ください。
(c) 2006 A Pretty Garden ALL Rights Reserved.