小さな園芸館 > 植物 >クンシラン〔君子蘭〕> 特徴
クンシラン 〔君子蘭〕
クンシランの花の写真
小さな園芸館
 花の索引 【写真一覧】
 花の索引【五十音順】
 園芸用語
 剪定の基本
 白色の花
 黄色の花
 赤色の花
 青色の花
 紫色の花
 3月の花
 4月の花
 5月の花
 オレンジ色の花
 ピンクの花
クンシランの特徴 クンシランの栽培 春に咲く花 秋に咲く花 トップページ
 クンシラン〔君子蘭〕とは
 クンシラン(君子蘭)とは、ヒガンバナ科クンシラン属に含まれる植物の総称で、鮮やかなオレンジ色の花と光沢のある長い葉でよく知られている。
一般的に知られているクンシランは、クリビア・ミニアータという原種から作られた園芸品種の子孫とされる。
クンシラン属の原種中では、花が上を向いているのはクリビア・ミニアータだけ。
 クンシランはタネから繁殖されることが多く、個体差が大きく、変種も多い。
(同じ親から生まれても、花の色や大きさ、葉の形などに違いがある。)
他の植物に比較してもクンシランは特に変体が生まれやすく、それを好んでオリジナルの品種を作り出す素人園芸家もいる。
 よく知られている変種には、オレンジ色の他に赤い色や黄色い花を咲かせるもの、八重咲きの花もある。
また、斑入り葉のもの、とても小さいミニタイプなどもある。
葉の幅が広くて、高さが低い品種のものは、特にダルマ系のクンシランと呼ばれている。
開花時期
 【2月 ~ 4月】
長い間、咲き続ける。
果実時期
 【5月】
花後に結実するが、完熟して赤い実となるには1年以上かかる。
(品種により異なる。)
タネが作られるまでに時間はかかるが、比較的結実しやすい。
名 前  クンシラン〔君子蘭〕
別 名  ウケザキクンシラン 〔受咲き君子蘭〕
 オオバナクンシラン 〔大花君子蘭〕
 ハナラン、 クリビア
英 名  Clivia (クリビア)
類 別  ヒガンバナ科 [Amaryllidaceae]
 クンシラン属 [Clivia]
性 質  半耐寒性  多年草
原産地  南アフリカ (ナタール州)
用 途  鉢植え、 庭植え(関東以南)
用 途  「貴さ」
明治時代に渡来する。
蘭という名前がついているが、蘭の仲間ではない。
クンシラン属には6種類の原種が知られている。
それらを親にして、数々の園芸品種が作り出されてきている。
和名〔君子蘭〕の元となった品種は、南アフリカの別種で花が下向きに咲くタイプのもの。
 → 一般には栽培されていない。
多くの別名があるが、クンシランの中でもそれぞれ異なる品種のものを指していると考えられる。
クンシランの葉は、一般的に幅広で厚みがあり、長さ40cm~60cmほどに成長する。
葉の表面は光沢のある濃緑色をしている。
斑入りの葉の品種もある。
花の特徴
 花期になると、高さ40cm~50cmほどの太い花茎を伸ばし、その先端に直径約3cmのユリ状の花を10個~20個つける。
 鮮やかなオレンジ色の花がクンシランの色として定着しているが、黄色い花の品種もある。
花の色や形にも個体差がある。
クンシランは同じ品種でも個性的なものが多い
 クンシランは結実率がよくて実生が容易な為か、流通するクンシランはタネから育てられることが多い。
 タネから育つ植物の特性として、親と全く同じではなく個々の個性を持つ子供に成長することがよく知られている。
 そのため、クンシランの購入には、必ず開花した花をよく見きわめることが必要となる。
じっくり観察すると、花に微妙な違いがある。
クンシランの花の写真 クンシランの花の写真
 名前の由来
「クンシラン」 と 「ハナラン」
 日本に最初に渡来したのは明治時代初期とされる。
その時にクンシラン〔君子蘭〕と命名されるが、明治時代の後期に北米経由で渡来したものには別の学者にハナランと命名された。
 よって、両方の名前が古くから知られているが、現在のクンシランに近いものは当時「ハナラン」と呼ばれていたものの方であったらしい。
当時、クンシランと呼ばれていたものは、花が下向きに咲くキルタンシフローラという原種の系列ではないかと考えられている。
 クンシランの原種
クリビア・ミニアータ 〔Clivia miniata〕
 花が上を向いて咲くのが特徴。
 一般的なクンシランによく似ている。
現在主流のクンシランは、この原種から作られたもの。
クンシランの原種の中で、花が上を向いて咲くのはクリビア・ミニアータだけ。
29世紀初めに南アフリカのクワズル・ナタールで発見されたもの。
クリビア・ノビリス 〔Clivia nobilis〕
 花が下を向いて咲く。
 花は細長いベル型であるが、ふくらみがない。
 花茎の先端にたくさん咲かせる。
 花の先端が緑色になる。
クリビア・カウレッセンス 〔Clivia caulescens〕
 晩春から初夏にかけて、花が下を向いて咲く。
 花は細長いベル型で、花茎の先端にたくさん咲かせる。
 葉が落ちた後に茎が伸びてくる。
 花の先端が薄い緑色になる。
クリビア・ガーデニー 〔Clivia gardeni〕
 秋から冬にかけて、花が下を向いて咲く。
 花は細長いベル型で、花茎の先端に複数咲かせる。
 花の先端が薄い緑色になる。
雄しべを花から出している。
クリビア・ロブスタ 〔Clivia robusta〕
 花が下を向いて咲く。
 クリビア・ガーデニーに似ているが、葉の幅が広く、長い。
 花の先端が少しだけ、薄い緑色になる。
雄しべは花の中に隠れている。
よく湿った土に自生している。
クリビア・ミラビリス 〔Clivia mirabilis〕
 花が下を向いて咲く。
 花はとても細長いベル型で、花茎の先端に複数咲かせる。
 蕾の時は緑色であるが、開花すると赤色から赤紫色に変化していく。
 葉の中央に白い筋が入っている。
小さな園芸館
 花の索引 【写真一覧】
 植物の索引一覧
 園芸用語
 剪定の基本
 用土の基本
 肥料の基本
 
 季節の花
 春に咲く花
 初夏に咲く花
 夏に咲く花
 秋に咲く花
 冬に咲く花
 
 年間の花こよみ
 1月に咲く花
 2月に咲く花
 3月に咲く花
 4月に咲く花
 5月に咲く花
 6月に咲く花
 7月に咲く花
 8月に咲く花
 9月に咲く花
 10月に咲く花
 11月に咲く花
 12月に咲く花
 
 花の色
 白い色の花
 赤い色の花
 青い色の花
 黄色い色の花
 紫色の花
 ピンク色の花
 オレンジ色の花
 
 年間の園芸作業
 1月の園芸作業
 2月の園芸作業
 3月の園芸作業
 4月の園芸作業
 5月の園芸作業
 6月の園芸作業
 7月の園芸作業
 8月の園芸作業
 9月の園芸作業
 10月の園芸作業
 11月の園芸作業
 12月の園芸作業
 
 年間のこよみ
 1月のこよみ
 2月のこよみ
 3月のこよみ
 4月のこよみ
 5月のこよみ
 6月のこよみ
 7月のこよみ
 8月のこよみ
 9月のこよみ
 10月のこよみ
 11月のこよみ
 12月のこよみ
 
 
HOMEページ「小さな園芸館」
クンシランの特徴 クンシランの栽培 春に咲く花 秋に咲く花 トップページ
 当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2006-2008 A Pretty Garden ALL Rights Reserved.