小さな園芸館 > 植物 > カルミア〔Kalmia〕> 特徴
カルミア〔Kalmia〕
  写真「カルミア〔Kalmia〕の花」
 トップページ
 索引【五十音順】
 索引【写真】
 園芸用語
 ベストセラー・ブック
 
特 徴 写 真 春の花 ホームページ
 カルミア〔Kalmia〕とは
ボール状のシャクナゲに似た花を咲かせるが、シャクナゲほど豪華な感じはしない。
よくよく見ると、一つ一つの花に個性があり面白い。
花の蕾(ツボミ)は、お菓子の金平糖に似ていて、花開くと、女性用の小さなパラソルに似ている。
名 前  カルミア 〔Kalmia〕
別 名  アメリカシャクナゲ、 ハナガサシャクナゲ 〔花笠石楠花〕
英 名  Kalmia
類 別  ツツジ科 カルミア属]
性 質  常緑広葉樹  低木 ~ 小高木
原産地  北米 (東部)
用 途  庭植え、 コンテナ栽培
2m~5mの高さになり、小さく育てるのは難しい。
花の特徴
一つの花は2cmほどの大きさで、前年に伸びた枝の先に、沢山の花をつけて、球状の花のかたまりを作る。
様々な色や形の園芸品種がある。
オーソドックスなものは、蕾の時は赤くて、開くと白色に近い淡紅色になるタイプのもの。
開花時期
【5月】
カルミアの管理
日向を好むが、半日陰でも育つ。
北海道南部 ~ 沖縄まで植林可能。
病害虫に強く、育てやすい。
剪 定
【5月 ~ 6月】  花後
 花がらを摘み取る
 混み合った枝を間引きする程度にする。
 名前の由来
アメリカシャクナゲ、 ハナガサシャクナゲ 〔花笠石楠花〕 - 別名
花や木の外観や性質が、シャクナゲに似ていることによる。
 HOMEページ「小さな園芸館」
 索引【五十音順】
 索引【写真】
 園芸用語
 剪定の基本
HOMEページ「小さな園芸館」
 
特 徴 管 理 写 真 夏の花 ホームページ
 当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2006-2008 A Pretty Garden ALL Rights Reserved.