小さな園芸館 > 植物 > ネメシア > 特徴
ネメシア
写真「ネメシアの花」
 トップページ
 索引【五十音順】
 索引【写真】
 園芸用語
 ベストセラー・ブック
ネメシアの特徴 春に咲く花 初夏に咲く花 夏に咲く花 秋に咲く花 トップページ
 ネメシアとは
 ネメシアとはネメシア属の植物のことであるが、一般的にネメシアというと、ネメシア属の中にある一部の品種とその園芸品種のことで、小さなランに似た花を株いっぱいに咲かせる草花のこと。
 花色が豊富で、赤色、黄色、ピンク色、など、鮮やかな色合いのものが多い。
名 前  ネメシア
別 名  ウンランモドキ
類 別  ゴマノハグサ科 [Scrophulariaceae]
 ネメシア属 [Nemesia]
学 名  Nemesia strumosa
性 質  非耐寒性 ~ 半耐寒性   多年草/一年草(秋まき)
原産地  南アフリカ (ケープ地方)
用 途  鉢植え、 庭植え
花言葉  「正直」
多年草として流通しているものと、一年草として流通しているものがあり、元々は異なる品種であったが、一年草でも耐寒性が強いものなども生まれ、区別しにくくなっている。
草丈は約20cmほどに成長する。
開花時期
【4月 ~ 6月】
秋まで開花するものもある。
 名前の由来
ネメシア [Nemesia]  - 属名
ギリシア語でキンギョソウ〔金魚草〕という意味。
花の形がキンギョに似ているから。
写真「ネメシアの花」 写真「ネメシアの花」
 ネメシアの栽培
 寒さ・暑さに弱く、特に夏の高温多湿を苦手とするので、夏越しが難しい。
多年草として販売されているものも、夏と冬の管理が難しい。
越冬温度は、最低5℃以上は必要とする。
場 所
日当たりと風通しのよい場所。
雨に当たらないようにする。
雨に当たると花が傷む。
水やり
鉢植えは、表土が乾いたらたっぷり与える。
加湿にならないように注意する。
手入れ
咲き終わった花茎は、茎の元から切り取る。
適宜、㈱元から10cm位のところで切り戻しする。
 株が乱れてきたり、夏に蒸れそうになったりしたら、切り戻しする。
肥 料
開花中、液体肥料を1週間に1回程度与える。
写真「ネメシアの花」  ネメシア メロウ
  グラン リッチローズ
 
 〔Nemesia Mellow Gran Rich Rose〕
         
 HOMEページ「小さな園芸館」
 索引【五十音順】
 索引【写真】
 園芸用語
 剪定の基本
HOMEページ「小さな園芸館」
ネモフィラの特徴 春に咲く花 初夏に咲く花 夏に咲く花 秋に咲く花 トップページ
 当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2006-2008 A Pretty Garden ALL Rights Reserved.