小さな園芸館 > 植物 > コデマリ〔小手毬〕
コデマリ 〔小手毬〕
コデマリ〔小手毬〕の花(写真)
小さな園芸館
  花の写真一覧
  植物の索引一覧
  園芸用語
  剪定の基本
コデマリ〔小手毬〕の花(写真)
 白色の花
 黄色の花
 赤色の花
 青色の花
 紫色の花
コデマリとは 白い花 春に咲く花 小さな園芸館
 コデマリ〔小手毬〕とは
コデマリは、春に咲かせる白い花で有名な低木落葉樹。
白い小さな手毬の様な花を、細長く伸びた枝先にびっしりと咲かせ、枝が花の重さで弓なりに垂れ下がる。
白い小さな花が20個くらい固まって一つの花の様に咲く。
 病害虫に強く、栽培がやさしい。
コデマリ〔小手毬〕の花(写真)
一重花が一般的であるが、八重花や葉が黄色いものある。
黄金色の新葉をしているので「キンバコデマリ」と呼ばれる。
木の高さは1~2mほどにしか成長しないが、横には2mほども広がる。
名 前  コデマリ 〔小手毬〕
別 名  テマリバナ、 スズカケ
類 別  バラ科 シモツケ属]
学 名  Spiraea cantoniensis Lour
性 質  落葉性 広葉樹 低木
原産地  中国 (広東省)
用 途  庭植え、 鉢植え、 生け花
開花期  4月 ~ 5月
花言葉  「品格」
コデマリは庭植えで栽培するのが一般的な傾向。
低木とはいえ、2mほどにも成長するうえ、横に広がるので庭に植えてもある程度のスペースを必要とする。
コデマリ〔小手毬〕の花(写真) コデマリ〔小手毬〕の花(写真)
切り花によく利用される
コデマリは切花の花材としてよく利用されている。
ただし枝の持ちはよいが、小さな花びらがヒラヒラと散りやすい。
花がしおれる前に、小さな花びらがヒラヒラと落ちまくる。
きれい好きの人は掃除が大変かもしれない。
枝はいつまでも元気で、ずっと花瓶に入れておくと、根をはやすことも多い。
そのまま地植えにすると、よく根付いてくれる。
 名前の由来
コデマリ 〔小手毬〕    -  和名
小さな花が固まって丸く咲く花の様が、小さな手毬にたとえられたもの。
手毬は、まるめた綿を芯にして色糸で巻いて作った手製のボールのこと。
しかし手毬にしては小さすぎるので、オオデマリ〔大手毬〕に対する名前か?
→ オオデマリは、もっと大きなボール型の花になる。
コデマリ〔小手毬〕の花(写真)
 コデマリ〔小手毬〕の栽培
 コデマリは地植えにするのが一般的であるが、放任していてもよく育つ初心者向けの植物といえる。
栽培場所
 乾燥を嫌い、肥沃な土を好む。
植え付け適期
【10月】
11月~3月頃の落葉期にも可能。
高植えする。
剪 定
樹形を乱す枝や、込み入った枝などを整理する程度の剪定を行う。
長い枝にびっしりと花が咲き、花の重みで枝が垂れ下がる様がコデマリの特徴とされるので、枝先を切り詰めるような剪定は避けるようにする。
剪定適期
【1月 ~ 12月】 … 落葉期
不要な枝を枝を整理する。
【6月】 … 花後
不要な枝を整理する。
適宜、枝のつけ根から切り取り、枝を更新させる。
古い枝からは花芽がつきにくくなる。
花芽のつき方
コデマリの花芽は、新しく伸びた枝の葉の付け根に作られる。
枝いっぱいに花芽が作られるので、枝を切り取ると花の数も少なくなる。
花芽の作られる時期は【9月 ~ 10月】
小さな園芸館
 花の写真一覧
 植物の索引一覧
 剪定の基本
 水やりの基本
 用土の基本
 肥料の基本
 園芸用語 
 
 季節の花
 春に咲く花
 初夏に咲く花
 夏に咲く花
 秋に咲く花
 冬に咲く花
 
 年間の花こよみ
 1月に咲く花
 2月に咲く花
 3月に咲く花
 4月に咲く花
 5月に咲く花
 6月に咲く花
 7月に咲く花
 8月に咲く花
 9月に咲く花
 10月に咲く花
 11月に咲く花
 12月に咲く花
 
 花の色
 白い色の花
 赤い色の花
 青い色の花
 黄色い色の花
 紫色の花
 ピンク色の花
 オレンジ色の花
 
 年間の園芸作業
 1月の園芸作業
 2月の園芸作業
 3月の園芸作業
 4月の園芸作業
 5月の園芸作業
 6月の園芸作業
 7月の園芸作業
 8月の園芸作業
 9月の園芸作業
 10月の園芸作業
 11月の園芸作業
 12月の園芸作業
 
 剪 定
 剪定の種類
 剪定の時期
 不要枝の剪定
 木の特性
 花木の剪定
 実樹の剪定
 剪定の目的
 
HOMEページ「小さな園芸館」
コデマリとは 白い花 春に咲く花 小さな園芸館
 当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2006-2008 A Pretty Garden ALL Rights Reserved.