小さな 園芸館 
 小さな園芸館 > 季節の花 > 5月に咲く花の名前
6月に咲く花
1月に咲く花
2月に咲く花
3月に咲く花
4月に咲く花
5月に咲く花
6月に咲く花
7月に咲く花
8月に咲く花
9月に咲く花
10月に咲く花
11月に咲く花
12月に咲く花
小さな園芸館
 花の索引 【写真一覧】
 花の索引【五十音順】
 園芸用語
6月の園芸作業 6月の剪定 6月のこよみ 初夏の花 夏の花 小さな園芸館
  6月を代表する花 ・・・ 花メモ
写真「アガパンサスの花」 アガパンサス】 〔African lily〕
 アガパンサス属の中でも別名「ムラサキクンシラン」のことをいう。 頑強な性質で庭植えで放任していてもよく花を咲かせてくれる。
アジサイ〔紫陽花〕の花 アジサイ】 〔紫陽花〕
 梅雨時の花として有名で、日本人には古くから親しまれてきた花。 多くの園芸品種が作られ、様々な花色・花形や四季咲きのものもある。
写真「クチナシ〔梔子〕の花」 クチナシ】 〔梔子〕
 3香木の一つで、甘くて濃厚な香りを漂わせながら美しい純白の花を咲かせる。果実はきんとんの着色料などに使われる。
 【ア〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「アイビーゼラニウムの花」 アイビーゼラニウム】 〔Ivy geranium〕
 ゼラニウムのなかでも、茎が這うように伸びる性質のもので、栽培がやさしく、花色が豊富で、長期間花を咲かせ続ける。
写真「アッツザクラ 〔アッツ桜〕の花」 アッツザクラ】 〔アッツ桜〕
 芝の様な葉の間から短い花茎を出し、かわいい花を咲かせる球根植物。 1輪咲きもかわいいが、あたり一面に花を咲かせる景色は圧巻。
写真「アフェランドラの花」 アフェランドラ
 葉の鮮やかな縞模様が美しく、葉も花も楽しめる室内観葉植物。 花びらに見えるのは花の苞で、本当の花は苞の間から顔を出して咲く。
写真「アベリアの花」 アベリア】  〔Abelia〕
 ツクバネウツギ属のラテン名がアベリアであり、特定の種の名ではなかったが、最近はハナツクバネウツギの事を指すようになった。
アメリカデイコの写真 アメリカデイゴ】 〔亜米利加梯梧〕
 鮮やかな赤い色のエキゾチックな花を枝先にたくさん咲かせる。 丈夫な木で暖かい地方の街路樹や公園、庭木に植林されている。
アラマンダの花(写真) アラマンダ】 〔Allamanda〕
 キョウチクトウ科アラマンダ属の植物のことをアラマンダという。 狭義にはアリアケカズラという別名をもつ特定の品種のことを指す。
写真「アルストロメリアの花」 アルストロエメリア】 〔Alstroemeria〕
 美しい花で水持ちがよいことから、切花として愛用されている。 花色が多彩で、栽培のやさしい鉢植えタイプの品種も登場する。
 【イ〜】 6月に咲く花の「花メモ」
写真「イソトマの花」 イソトマ】 〔Isotoma〕
 キキョウ科イソトマ属に属する植物のうち、特定の種のことをいう。 小さくて可憐な星型の花を株いっぱいに咲かせる清楚な草花。
写真「イヌツゲ〔犬柘植、犬黄楊〕の花」 イヌツゲ】 〔犬柘植・犬黄楊〕
 小さな白い花を沢山咲かせるが、人が気づくことはあまりない。 名前にツゲが付くが、ツゲ科のツゲとは科が異なり別の植物。
イベリスの花(写真) イベリス】 〔Iberis〕
 地中海沿岸地域に自生する、かわいらしい花を咲かせる草花。いくつかの品種があり、花壇や容器栽培などによく利用される。
写真「インパチエンスの花」 インパチエンス】  [Impatiens]
 属名で多くの品種があるが、一般的にはアフリカホウセンカのことをいう。丈夫で育てやすく長期間次々と花を咲かせ続けていく。
写真「ウキツリボク〔浮釣木〕の花」 ウキツリボク】 〔浮釣木〕
 鮮やかで目立つ色彩の個性的な花を咲かせる熱帯性植物。 いくつかの品種があり、属名のアブチロンの名でも知られている。
オモト〔万年青〕の花(写真) オモト】 〔万年青〕
 日本の暖かい低山地などに自生する、古くから馴染のある植物。 園芸栽培の歴史は古く、多くの園芸品種が作られ愛好者も多い。
写真「オリヅルラン〔折鶴蘭〕の花」 オリヅルラン】 〔折鶴〕
 細長い葉が美しく、古くから観葉植物として人気があるが、小さな花はあまり注目されない。 繊細な外見とは異なり、頑強な性質で育てやすい。
小さな園芸館
 花の写真一覧
 植物の索引一覧
 球根の植物
 剪定の基本
 水やりの基本
 用土の基本
 肥料の基本
 園芸用語 
 
 季節の花
 早春に咲く花
 春に咲く花
 初夏に咲く花
 夏に咲く花
 秋に咲く花
 冬に咲く花
 
 年間の花こよみ
 1月に咲く花
 2月に咲く花
 3月に咲く花
 4月に咲く花
 5月に咲く花
 6月に咲く花
 7月に咲く花
 8月に咲く花
 9月に咲く花
 10月に咲く花
 11月に咲く花
 12月に咲く花
 
 花の色
 白い色の花
 赤い色の花
 青い色の花
 黄色い色の花
 紫色の花
 ピンク色の花
 オレンジ色の花
 
 【カ〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「カーネーションの花」 カーネーション】 〔Carnation〕
 「母の日」の花として世界中によく知られている有名過ぎる花。 多くの園芸品種があり、様々な花のバリエーションがある。
写真「カエデ〔楓〕の花」 カエデ】 〔楓〕
 各地で自生する品種の他、園芸品種も古くから数多くある。 日本人に馴染み深いのは、イロハモミジとその系列の品種。
写真「カキ〔柿〕の花」 カキ】 〔柿〕
 日本を代表するオレンジ色の果実であるが、花の認知度は低い。 栽培がやさしく、果実を食用にするため広く栽培されている。
写真「ガザニアの花」 ガザニア】 〔Gazania〕
 初夏から秋にかけて、色鮮やかな花を咲かせていく丈夫な草花。 栽培がやさしいので花壇の花などに好んで植えられている。
写真「カタクリ〔片栗〕の花」 カタクリ】 〔片栗〕
 花茎を20cmほど伸ばし、ユリに似た花をうつむいて咲かせる可憐な花。 くるりと反転した花びらが特徴で、昔は片栗粉に利用されていた。
写真「カタバミ〔片喰〕の花」 カタバミ】 〔片喰〕 〔傍喰〕
 カタバミ属の植物は世界中に生育し、多くの品種があるが、狭義には黄色い花を咲かせる特定の品種を指すこともある。
写真「カトリソウ 〔蚊取草〕の花」 カトリソウ】 〔蚊取草〕
 蚊の嫌う香りを出すので、蚊が近寄らないと言われる蚊よけ植物。 蚊除け効果の程は定かではないが、花はかわいらしい。
写真「カラーの花」 カラー】 〔Calla〕
 サトイモ科のオランダカイウ属を総称してカラーと呼んでいる。 花の様に見えるのは仏炎苞という苞で、ガクが変化したもの。
写真「カランコエの花」 カランコエ】 〔Kalanchoe〕
 カランコエ属植物の総称で、様々な種類の花色・形がある。 丈夫で手入れが簡単、花の少ない冬から長く花を楽しめる。
 【キ〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「キーウィフルーツの花」 キーウィフルーツ】 〔Kiwi fruit〕
 スーパーや八百屋でお馴染みのおいしい果物を実らせる。 果実の外観がキーウィという鳥に似ているのが名の由来。
写真「キキョウ〔桔梗〕の花」 キキョウ】 〔桔梗〕
 秋の七草の一つとされ、古くから親しまれてきている山野草。 細い茎に5cmほどのベル型で青紫色の花を次々を咲かせていく。
写真「キュウリ 〔胡瓜〕の花」 キュウリ】 〔胡瓜〕
 しわのある4枚の花びらを持つ可愛らしい黄色い花を咲かせる。 かわいい花であるが、果実以外に興味を持たれることはない。
キョウチクトウ〔夾竹桃〕の花(写真) キョウチクトウ】 〔夾竹桃
 夏に美しい花を咲かせる花木として古くから鑑賞栽培されていたが、庭木にするには大きく育ちすぎると敬遠されるようになった。
キンレンカ〔金蓮花〕の花(写真) キンレンカ】 〔金蓮花〕
 黄色やオレンジ色などのさわやかな花を次々と咲かせる草花。 食用にも利用され、ナスタチウムやノウゼンハレンという別名もある。 
クジャクサボテン〔孔雀サボテン〕の花(写真) クジャクサボテン】 〔孔雀サボテン〕
 木や岩などに着生する森林着生サボテンの仲間で、主に様々な品種から作られた園芸品種の一群。美しい大きな花を咲かせる。
写真「クレマチスの花」 クレマチス】 〔Clematis〕
 色や形や大きさにバリエーションがあり、四季咲きもある。 クレマチスは園芸上の呼び名でセンニンソウ属の改良種のこと。
写真「ケイトウ〔鶏頭〕の花」 ケイトウ】 〔鶏頭〕
 花穂が雄鶏の赤いトサカと似ている事から名づけられた草花であるが、最近は品種改良されたものが多く、名前とは縁遠くなってきた。
 【コ〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「ゴールドコインの花」 ゴールドコイン
 黄色い花を株いっぱいに咲かせ、鉢花や花壇に好まれる草花。 丸んまるで鮮やかな黄色い花が、本物の金貨のように見える。
写真「コスモス〔Cosmos〕の花」 コスモス】 〔秋桜〕
 コスモス属の総称で、日本の秋を代表とする草花の一つ。 秋に咲き、桜の花に似るのでアキザクラ〔秋桜〕とも呼ぶが花期は長い。
写真「ゴデチア〔godetia〕の花」 ゴデチア】 〔Godetia〕
 マツヨイグサに似たピンク色や赤い花を日中に咲かせる一年草。 花色も豊富で一重、八重咲きなど多くのバリエーションがある。
写真「コチョウラン〔胡蝶蘭〕の花」 コチョウラン】 〔胡蝶蘭〕
 ギフト用の高級鉢花の定番で、1年中花屋で見ることができる。しかし日本では冬越しが難しいので、枯らしてしまう人が多い。
コモチマンネングサ〔子持万年草〕の花 コモチマンネングサ】 〔子持万年草〕
 葉の元にムカゴ(不定芽)を無数に作って繁殖するのが特徴。 種子は出来ないが繁殖力旺盛な日本産のマンネングサ。
写真「コンロンカ〔崑崙花〕の花」 コンロンカ】 〔崑崙花〕
 花の近くにある白いものは萼(ガク)が変化したもの。星型の花は1センチほどの大きさで、花色は白・赤・黄色などがある。
 【サ〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「ザクロ〔石榴、柘榴、若榴〕の花」 ザクロ】 〔石榴、柘榴、若榴〕
 花も蕾も実も楽しめる万能樹木で、薬用としても重宝されている。 秋には丸い果実が熟して割れ、ゼリー状の赤い種子が現れる。
サンゴバナ〔珊瑚花〕の花(写真) サンゴバナ】 〔珊瑚花〕
 茎の先端にピンク色の細長い唇形の花が集まり次々と咲いていく。 細長い花をフラミンゴにみたてて英名はフラミンゴプランツという。
写真「サンビタリアの花」 サンビタリア】 〔Sanbitalia〕
 鮮やかな黄色い花は、かわいらしいひまわりの様な花。 横に這う性質があり、ハンギングやロックガーデンなどに適している。
写真「ジシバリ〔地縛り〕の花」 ジシバリ】 〔地縛り〕
 日本の各地に自生し、かわいらしい黄色い花を咲かせる多年草。 繁殖力が強く、どこにでも生える、やっかいな雑草とされる。
写真「シネラリアの花」 シネラリア】 〔Cineraria〕
 色とりどりのキクらしい花をボール状の株いっぱいに咲かせる多年草。「死ねラリア」と聞こえる為にサイネリアという別名がある。
シラー・ペルビアナ〔Scilla peruviana〕の花(写真) シラー・ペルビアナ】 〔Scilla peruviana〕
 ヒアシンスの近縁種で、鮮やかな青紫色の花を咲かせる球根植物。 シラー属の代表的な花をまとめてシラーと呼ぶこともある。
写真「シロツメクサ〔白詰草〕の花」 シロツメクサ】 〔白詰草〕
 牧草や芝草として利用されるが雑草化もしているマメ科の多年草。幸せのシンボル「四つ葉のクローバー」として知られている。
 【ス〜】 5月に咲く花 ・・・ 花メモ
写真「スーパーベルの花」 スーパーベル
 かわいいベルのような小花を、株いっぱいに沢山咲かせる草花。ペチュニアの園芸品種で暑さや雨、病害虫にも強く丈夫で栽培しやすい。
スイレン〔睡蓮〕の花(写真) スイレン】 〔睡蓮〕
 美しい花を咲かせることら古くから観賞用に栽培されている水生植物。 「温帯性」と「熱帯性」があり、性質や栽培法が異なるので区別される。
写真「セイヨウトチノキ〔西洋栃の木〕の花」 セイヨウトチノキ】 〔西洋栃の木〕
 大きくなる樹木で、欧米では街路樹として多く植えられている。 フランス名の「マロニエ」という名の方がよく知られている。
写真「セイヨウクモマグサ〔西洋雲間草〕の花」 セイヨウクモマグサ】 〔西洋雲間草〕
 かわいらしい花を、長期間にわたり咲かせ続けていく草花で、欧州の山などに自生する品種の近縁同士で改良されたもの。
写真「ゼラニウムの花」 ゼラニウム】 〔Fish geranium〕
 栽培がやさしく花色が豊富で、長期間花を咲かせ続ける園芸品種の草花で、欧州では家の窓辺に飾る鉢花の定番となっている。
写真「センニチコウ〔千日紅〕の花」 センニチコウ】 〔千日紅〕
 栽培がやさしく、夏に長い間かわいらしい花を咲かせるので、好んで栽培される。 乾燥質であることからドライフラワーにするのがたやすい。
写真「センリョウ〔千両〕の花」 センリョウ】 〔千両〕
 赤い実と緑の葉が美しく、正月の縁起物として古くから人気がある。 とても小さい花を夏に咲かせるが、地味で花が注目されることはない。
 【タ〜】 6月に咲く花の「花メモ」
写真「ナデシコ〔撫子〕の花」 ダイアンサス】 〔Dianthus〕
 ナデシコ属の植物の総称で北半球を中心に約300種ほどあるが、日本ではナデシコ〔撫子〕の名前で古くからよく知られている。
タイサンボク〔泰山木〕の花(写真) タイサンボク】 〔泰山木〕
 50mにもなる高木で、世界中の庭園や街路樹に植えられている。 20センチにもなる大型の花は、美しい乳白色でひときわ目立つ。
写真「ダリア〔Dahlia〕の花」 ダリア】 〔Dahlia〕
 キク科ダリア属に属する球根植物の総称で多くの園芸種があるが、八重咲きで豪華な花形・色合いのものが人気となっている。
写真「ツツジ〔躑躅〕の花」 ツツジ】 〔躑躅〕
 ツツジ属の植物の総称であが、シャクナゲなどとは区別される。 花がびっしりと樹木の表面におおいつくして咲く様はみごと。 
写真「ツルニチニチソウ〔蔓日日草〕の花」 ツルニチニチソウ】 〔蔓日日草〕
 春に咲く清楚な青紫色の花と美しい葉が魅力の草花。 繁殖力旺盛で群生し、花壇のカバープラントに最適とされる。斑入り種もある。
写真「トマトの花」 トマト】 〔Tomato〕
 果実を食用として利用するお馴染みの野菜は世界的にもよく知られているが、花の認知度はかなり低い。多くの品種がある。
トレニアの花(写真) トレニア
 暑さに強く、炎天下でも次から次へと花を咲かせる夏の花。 多花性で栽培もやさしく、花壇や鉢花の定番となっている。
 【ナ〜】 6月に咲く花の「花メモ」
写真「ナスの花」 ナス】 〔茄子〕
 古くから各地で栽培されてきた紫色で有名なお馴染みの野菜。  紫色の薄い花びらをもつ花は、恥じらうようにうつ向いて咲く。
キンレンカ〔金蓮花〕の花(写真) ナスタチウム】 〔Nasturtium〕
 黄色やオレンジ色などのさわやかな花を次々と咲かせていく草花で、食用にも利用される。キンレンカとも呼ばれる高山植物。
写真 「ニチニチソウ〔日々草〕の花」 ニチニチソウ】 〔日々草〕
 栽培のやさししい夏の花として、古くから親しまれている。 かわいらしい花を株いっぱいに次々を咲かせ続けてくれる。
ニワゼキショウ〔庭石菖〕の花(写真) ニワゼキショウ】 〔庭石菖〕
 伸びた花茎の先端に小さいが美しい花を上向きに咲かせる草花。 明治時代に観賞用として輸入されたが、現在の身分はただの雑草。
写真「ネコノヒゲ〔猫の髭〕の花」 ネコノヒゲ】 〔猫の髭〕
 長く伸び出るおしべが猫の髭の様に見えるユニークな花を咲かせる。暑さに強く丈夫であるが寒さに弱く、日本で冬越しするるのは難しい。
写真 「ネメシアの花」 ネメシア】 〔nemesia〕
 ネメシア属の一部の品種とその改良品種が園芸栽培されている。 色鮮やかなキンギョの様な花を、株いっぱいに咲かせる草花。
 【ハ〜】 6月に咲く花の「花メモ」
写真「バイオレット・レナ〔初恋草〕 の花」 バイオレット・レナ】 〔初恋草〕
 レシュノルティアという、低木性花木から育成した園芸品種。 蝶の様な形をした2cmほどの小さな花が、株いっぱいに咲く。
写真「ハイビスカスの花」 ハイビスカス】 〔Hibiscus〕
 ハイビスカスとはアオイ科フヨウ属の総称で、すべて交配品種。 南国らしい大きく華やかな花を次々を咲かせるハワイの州花。
ハナキリン〔花麒麟〕の花(写真) ハナキリン】 〔花麒麟〕
 トゲのある長い茎の先に可愛らしい花を咲かせる多肉植物。 丈夫で育てやすく、暖かい環境であればば周年開花し続ける。
バラ〔薔薇〕の花(写真) バラ】 〔薔薇〕
 バラ科バラ属の総称で花の美しさと芳香に魅了される人も多い。 園芸栽培の歴史も古く、数多くの園芸品種が作られている。
写真「ビオラの花」 ビオラ】 〔Tufted pansy〕
 パンジーの中でも花の小さい品種のものをビオラと呼んで園芸上区別されているが、学術的には両者は同じものとされている。
写真「ヒポシルサの花」 ヒポシルサ
 やや光沢のある葉と、金魚に似たオレンジ色の花が特徴。 暑さ寒さに弱いが、挿し木で簡単に増やすことが出来る。
写真「ビヨウヤナギの花」 ビヨウヤナギ】 〔美容柳、未容柳〕
 花びらをめいっぱい開き、雄しべが糸状長く伸びる様が特徴的。 鮮やかな黄色い花と、黄緑色の葉の組み合わせも印象的な花。
ヒメアリアケカズラ〔姫有明葛〕の花(写真) ヒメアリアケカズラ】 〔姫有明葛〕
 キョウチクトウ科アラマンダ属の植物でアリアケカズラの仲間で、アリアケカズラよりも全体的にやや小さい半つる性の品種。
 【フ〜】 6月に咲く花の「花メモ」
ブーゲンビレアの花 ブーゲンビレア】 〔Bougainvillea〕
 熱帯性の夏の花木として親しまれ、日本でもお馴染みの花となった。寒さに弱く日本での栽培は難しいが、環境が合えば周年開花する。
フェイジョアの花(写真) フェイジョア
 エキゾチックで華やかな花が印象的な花木。楕円形の果実はとても美味との評判であるが、日本の環境では食せるほど大きくならない。
ブッドレアの花(写真) 【ブッドレア】 〔Buddleja〕
 狭義にはフジウツギ属の中でも一部の園芸品種のことをいう。香りがよく花が美しいことから世界中で観賞用に栽培されている。 
写真「フランネルフラワーの花」 フランネルフラワー】 
 柔らかな質感の白い花びらと独特の雰囲気のある美しい花。 切花として愛されていたが栽培が容易な品種が生まれ人気となる。
ブルーサルビアの花(写真) ブルーサルビア】 〔Blue salvia〕
 シソ科アキギリ属/サルビア属のサルビア・ファリナセアのこと。 名前の通り青色の花をさかせるサルビアであるが、白花もある。
 【ヘ〜】 6月に咲く花の「花メモ」
ベゴニアの花(写真) ベゴニア】 〔Begonia〕
 シュウカイドウ属の植物の総称であるが、多くの園芸品種がある。 雌花と雄花があり、葉の形が左右不対称などの共通点がある。
写真「ペチュニアの花」 ペチュニア】 〔Petunia〕
 開花期が長く、株いっぱいの花を次々と咲かせてくれる。 品種が豊富で花色も多く、一重咲き・八重咲きなど色々ある。
写真「ベニヒモノキ〔紅紐の木〕の花」 ベニヒモノキ】 〔紅紐の木〕
 長いヒモの様な赤い花穂が印象的なトウダイグサ科の低木。 温かい場所が好みで、10℃以上あれば通年花を咲かせる。
写真「ペラルゴニウムの花」 ペラルゴニウム】 〔Pelargonium〕
 豪華で美しい花を、春から初夏にかけて咲かせる多年草。 ゼラニウムの仲間でよく似ているが、こちらは一季咲き性。
ベルフラワー(オトメギキョウ)の花 ベルフラワー
 オトメギキョウや、属名のカンパニュラと呼ばれることもある草花。 小さな花を一度に沢山咲かせて株をおおいつくす。 白花もある。
写真「ペンタス〔Pentas〕の花」 ペンタス】 〔Pentas〕
 星形の小さな花を、枝先に多く、長期間咲かせる熱帯花木。 「寒さ」と「過湿」が苦手で、適温であれば通年花を咲かせる。
ホソバヒャクニチソウ〔細葉百日草〕の花(写真) ホソバヒャクニチソウ】 〔細葉百日草〕
 ヒャクニチソウ〔百日草〕の別種として知られる花つきのよい草花。 全体的に小型、一重で清楚な花が好まれ、花壇によく植えられる。
写真「ホトケノザ〔仏の座〕の花」 ホトケノザ】 〔仏の座〕
 上方にある葉のわきに赤紫色のユニークな花を咲かせる。 繁殖力が強く、どこにでも自生し群生していく雑草として扱われる。
 【マ〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「マーガレットの花」 マーガレット】 〔Marguerite〕
 株いっぱいに咲かせる清楚な花が好まれ、古くから栽培される「西洋のキク」。一重の白花が不動の人気であるが多くの品種がある。
写真「マツバギク 〔松葉菊〕 の花」 マツバギク】 〔松葉菊〕
 鮮やかな色合いのキクのような花を咲かせる多肉植物。横にはう性質があり、カーペット状に群生していくので花壇に最適。
写真「マツバボタン〔松葉牡丹〕の花」 マツバボタン】 〔松葉牡丹〕
 鮮やかな花色が豊富で、長期間次々と花を咲かせ続ける夏の花。 高温と乾燥に強く、栽培がとてもやさしい初心者向けの一年草。
写真「マリーゴールドの花」 マリーゴールド】 〔Marigold〕
 長期間花を咲かせ続ける夏花壇の花として古くから不動の地位にある。 「アフリカン種・フレンチ種・両種の混合種」の3種類ある。
写真「セイヨウトチノキ〔西洋栃の木〕の花」 マロニエ】 〔marronnier〕
 大きくなる樹木で、欧米では街路樹として多く植えられている。 日本の近縁種トチノキと似ているので「西洋栃の木」ともいう。
マンデビラの花(写真) マンデビラ】 〔Mandevilla〕
 キョウチクトウ科マンデビラ属植物の総称で、つる性のものが多い。 ディプラデニアの名でも知られるが品種名のサンパラソルも人気。
 【ミ〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「ミツバ〔三葉〕の花」 ミツバ】 〔三つ葉〕
 独特の香りがあり、三つ葉と茎を食用とするセリ科の多年草。 ハウス栽培ものが年間流通するが、日本各地で自生している。
写真「ミヤコワスレ〔都忘れ〕の花」 ミヤコワスレ】 〔都忘れ〕
 承久の乱に敗れて佐渡に流された順徳天皇が、詠んだ花として有名。 いくつかの花色があり、あざやかな大輪の花を咲かせる。 
ムーンライトフレグレンスの花 ムーンライトフレグランス
 ロマンチックな名の通り、月明かりの下でよい香りを漂わす花。 蕾の時は濃いピンクであるが、花開くと清楚で純白の花になる。
写真「ムラサキカタバミ〔紫片喰〕の花」 ムラサキカタバミ】 〔紫片喰〕 〔紫傍喰〕
 江戸時代に観賞目的で輸入されたものが野生化した帰化植物。 紫赤色の小花は美しいが、現在では雑草として扱われている。
写真「ムラサキシキブ〔紫式部〕の花」 ムラサキシキブ】 〔紫式部〕
 花よりも、紫色の果実が美しいことで知られる落葉性低木。 名前の由来は同名の平安時代の女性作家からとされている。
 【ヤ〜】 6月に咲く花と「花メモ」
写真「ヤマボウシ〔山法師〕の花」 ヤマボウシ】 〔山法師〕
 梅雨時に真っ白な花を木全体に咲かせるお馴染みの落葉樹。白い部分は総苞(ソウホウ)で、本物の花は中心の黄緑色のもの。
ユーフォルビア「ダイアモンドフロスト」 の写真 ユーフォルビア】 「ダイアモンドフロスト」
 清楚で可憐な白い花を株いっぱいに咲かせ、群生していく。 トウダイグサ属の多肉植物を園芸的にユーフォルビアと呼ぶようになった。 
写真「ユリ〔百合〕の花」 ユリ】 〔百合〕
 ユリ科ユリ属に属する植物の総称で、花の美しい球根植物。 原種の他にも多くの園芸品種があり、花色などが豊富にある。
写真「ヨウシュヤマゴボウ〔洋種山牛蒡〕の花」 ヨウシュヤマゴボウ】 〔洋種山牛蒡〕
 名の通り在来種のヤマゴボウに似る北米原産の多年草で、身分は雑草。 花は地味であるが、房状に垂れ下がる黒紫色の果実はよく目立つ。
ライラックの花(写真) ライラック】 〔Lilac〕
 ハシドイ属の総称で、仏名のリラ〔Lilas〕と呼ばれることもある。 欧米では香りのよい花木として愛され、香水にも使用されている。
ランタナの花(写真) ランタナ】 〔Lantana〕
 小さな花が5cmほどの手まり状に集まり、次々と咲いていく。 つぼみから開花まで花色が複雑に変化していくのが最大の特徴。
ルドベキアの花(写真) ルドベキア】 〔Rudbeckia〕
 キク科オオハンゴンソウ属(ルドベキア属)の草本植物のことをいう。 原種の他に多くの園芸品種があり、花のバリエーションが豊富。
写真「ワックスフラワーの花」 ワックスフラワー】 〔Waxflower〕
 ロウ細工の様な光沢のある小さな花を枝先にたくさん咲かせる低木。 花びらが厚く、ロウ細工のように見えることから名づけられた。
 
 年間の園芸作業
 1月の園芸作業
 2月の園芸作業
 3月の園芸作業
 4月の園芸作業
 5月の園芸作業
 6月の園芸作業
 7月の園芸作業
 8月の園芸作業
 9月の園芸作業
 10月の園芸作業
 11月の園芸作業
 12月の園芸作業
 剪 定
 剪定の種類
 剪定の時期
 不要枝の剪定
 木の特性
 花木の剪定
 実樹の剪定
 剪定の目的
 
 年間のこよみ
 1月のこよみ
 2月のこよみ
 3月のこよみ
 4月のこよみ
 5月のこよみ
 6月のこよみ
 7月のこよみ
 8月のこよみ
 9月のこよみ
 10月のこよみ
 11月のこよみ
 12月のこよみ
 
 
6月の園芸作業 6月の剪定 6月のこよみ 初夏の花 夏の花 小さな園芸館
1月に咲く花
2月に咲く花
3月に咲く花
4月に咲く花
5月に咲く花
6月に咲く花
7月に咲く花
8月に咲く花
9月に咲く花
10月に咲く花
11月に咲く花
12月に咲く花
 
 当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断使用はご遠慮ください。
(c) 2006 A Pretty Garden ALL Rights Reserved.